キャンプにおけるツアーナースの仕事について

ツアーナースの仕事で多いのは修学旅行や、国内旅行、海外旅行、スポーツイベントなどですが、子ども会などによって主催されるキャンプに同行する仕事もあります。キャンプは屋外での作業を多く行いますし、テントでの就寝は初めてという子供がほとんどです。そのため、怪我や環境の変化による体調の悪化などが心配されるのです。キャンプで最も多いのは火傷です。食事を作る際に火を扱うため、なれない子供が火傷を起こしてしまうのです。そのほかには川遊びや山登り、ハイキングなどの過程で怪我をしたり、虫やハチにさされるトラブルがあります。場所によってはマムシなどにかまれるケースもあるため、ツアーナースは事前に対処方法を勉強しておくことが必要になります。基本的には大人の保護のもとで行われるものですが、家族にとってはツアーナースがいることで安心することが出来ます。また、病人やけが人がなければ、新鮮な経験をすることができ、新たなことを多く学ぶことが出来ます。

このページの先頭へ